通訳的なことをしたことがありますが

そんなこという仕事があるのですがそれをわずかだけですがやったことがあります。中国語もそれなりに喋ることができるので、金銭をもらって案内をしたことがあります。話すときに重要になってくるのはとにかく相手に伝えることです。聞き取ること、こちら側から話すことを言うのが会話の基本になりますが、これは通訳の基本ということでもあります。何故かといいますと相手が何を求めているのかということから通訳が始まることになるからです。

最近では音声認識アプリなどによって、簡単な通訳はすることができるようになっていますからそんなに苦労するような場面もなかったです。あくまで道案内程度の話であり、ビジネスなどの場において使えることではないのですが、通訳アプリはホントに便利であるといえるでしょう。全く喋れない人でもそれなりにコミュニケーションをとることができるツールとして、有効的といえますから、是非とも試してみるとよいでしょう。